芝生の庭づくり−HOME 芝生の知識 芝生の実践 管理人部屋 掲示板 リンク
HOME   >   芝生の実践   >   雑草対策

雑草 きれいな芝生をつくる為に一番大変な除草について、雑草の種類別に対策を考えていきたいと思います。 一言に除草と言っても、取りきれなかった雑草の根が残っているとまた生える可能性が高く、 種や胞子を無数に落とすために何度も手がかかってしまいます。 そうならない為には基本的な雑草の知識を持ち、種類によって適切な除草をすることが ポイントです。 また芝生周囲の路地や花壇などの除草をし、出来るだけ雑草の種が混入しないような環境を用意して やることでさらに除草効率が良くなります。

● 雑草の種類

芝生の除草に関して、雑草の種類は大きく分けてイネ科雑草、広葉雑草(マメ科・キク科など)の2つ に分けて考えます。 これは芝生がイネ科植物であるため、除草剤を使用する上で同じ科の雑草は処理が難しくなるからです。 逆に言えば広葉雑草は比較的処理しやすいということになります。 あとは特殊な雑草としてカヤツリグサ科があり、ハマスゲ・ヒメクグ・テンツキなど 非常に除草がやっかいで簡単には処理できません。 特にハマスゲは雑草図鑑にも「世界的な強害草」とありました・・・すごい。

【雑草の年生】
年 生 特 徴
  1年生 春に芽吹いて秋まで成長し、種をまいて冬に枯れます。(夏草)
  越年生 秋に芽吹いて冬から初夏にかけて成長し、種をまいて夏に枯れます。(冬草)
  多年生 冬場は地上部が枯れますが株や地下茎が生き続け、春になると毎年芽を出します。

【主な雑草の分類】

分 類 特 徴 主な雑草
  イネ科雑草 稲と同じ様に葉全体が細く、先が尖り、成長すると穂をつけます。 株ごとの種数が多いので繁殖力は比較的強い部類です。 1年生のものが多いですが越年生の冬草として体表的なスズメノカタビラ などもあります。 小さく数が少ないうちに手除草しておけば割と楽に処理できます。 オヒシバ
メヒシバ
ニワホコリ
スズメノカタビラ
  広葉雑草 イネ科に対して葉が太めで丸いもの(スギナは例外ですが)を大まかに広葉雑草と分類しています。 マメ科、キク科、トクサ科、ナデシコ科、ヒユ科、カタバミ科・・・など 数えだしたらきりがないほどたくさんあります。 基本的には茎葉処理剤を使用すれば割と楽に処理できます。 しかし手除草だと芝生と同じように地下茎やほふく茎などで繁殖するものは処理が難しくなります。 株もとの地下茎を完全にとろうとすると当然芝生も一部はげてしまい、表面上だけ切り取っても 必ずまた芽を出してきます。 スギナ
ハルジオン
アレチノギク
ヒメムカシヨモギ
オニノゲシ
シロツメクサ
カタバミ
  カヤツリグサ科雑草 葉の形は細く線形で表面に光沢があり、種や地下茎で繁殖します。 芝生だけではなくカヤツリグサ科雑草は水田にとっても非常にやっかいな雑草となります。 この分類上では一番の強雑草です。 ハマスゲ
ヒメクグ
テンツキ
  コケ・藻類 環境が良ければあまり関係ありませんがやはり建物や木の陰など日照時間が短い場所、 水はけ不良の条件で発生しやすくなります。 コケ全般
イシクラゲ

● 雑草別除草法
除草がなかなか難しいものや代表的なものを品種別に紹介していきます。 画像が入り次第随時アップして、少しずつ品種も増やして行こうと思います。

  ■オヒシバ  /  イネ科  /  1年生(生育期間  4〜10月)
オヒシバ1 オヒシバ2
特 徴 春から夏にかけて畑や空き地など様々な場所に発生するイネ科の代表的な雑草の一つです。 踏圧にも強く、道端でもよく生育し大きくなると簡単に抜けません。 北海道以外のほぼ全国の地域に分布し、種子で繁殖します。
除草法 大きくなると手で抜くのも力が必要になり、穂をつけて種をたくさんばら撒きますので やはり数が少なく、できるだけ小さいうちに処理します。 抜いても抜いても次々に新たな芽が出てきますが、マメに草取りをしておけば 芽が出ても数は少なくなります。

  ■メヒシバ  /  イネ科  /  1年生(生育期間  4〜10月)
メヒシバ1 メヒシバ2
特 徴 春から夏にかけて発生する夏の代表的な畑作地帯の雑草です。 特に耕したやわらかい土に多く、回りに何もないとどんどん増え一面に広がっていきます。 全国に分布し、種子で繁殖します。
除草法 他のイネ科雑草同様、多数の種子で繁殖するのでやはり種をつける前に早めの処理をすることが肝要です。 一度、繁殖してしまうと草刈機や除草剤を使用しなければ処理は困難になります。

  ■スギナ  /  トクサ科  /  多年生(生育期間  3〜9月)
スギナ1 スギナ2
特 徴 春の訪れを告げるかわいいツクシですが、真の姿は円柱状の茎を次々に出す強雑草のスギナです。 地中に地下茎を伸ばし、節々から芽を出して増えるため手除草が困難で繁殖力が強い部類に入ります。 全国に分布しています。
除草法 発生している地表部のスギナをとっても、地下茎がある限りずっと発生してきますので 元の地下茎を処理しなければ根本的な除草になりません。 芝生の中に発生している場合は、MCPPやザイトロンなどの茎葉処理剤で処理するのが手軽です。

  ■ハマスゲ  /  カヤツリグサ科  /  多年生(生育期間  5〜10月)
ハマスゲ1 ハマスゲ2
特 徴 生育初期は細い光沢のある葉を数本だし、成長すると穂をつけます。 地下茎の先に小さい球根をつくり、種子と地下茎で繁殖します。 地下茎の球根が枯れない限り必ず芽を出すので、その生命力には敬意を払うほどの気持ちになります。
除草法 土を掘って取ろうとするとかなり 深く掘らなければならず、また球根は複数ある可能性が高いので手で完全に除草するのは 難しいと言えます。また除草剤を使用しても複数回に渡り使用しないと無くなりません。
除草剤は多少の薬害は覚悟の上で2.4-Dの原液かラウンドアップを葉に塗ります。 もしくは広面積で発生量が多い場合はインプールドライフロアブルを散布します。 あとはちょっと裏技になりますが水稲用のバサグラン粒剤・グラスジン粒剤も効果があります。 水稲で登録のある薬剤なのでイネ科の芝生にも薬害が比較的少なく使用できますが 芝生の登録はないのでご心配な方は使用を控えてください。

  ■スズメノカタビラ  /  イネ科  /  越〜1年生(生育期間  1年中)
スズメノカタビラ1 スズメノカタビラ2
特 徴 基本的には秋に発生して冬を越しますが春にも発生する場合があります。 葉は線形で少し厚みがあり、種子で繁殖します。 芽を出してから比較的早めに穂をつけるので繁殖力が強く、 また踏圧にも強いので場所を選ばず生育・繁殖します。
除草法 冬の代表的な雑草ですが、小さいうちに芽を摘んでおけば簡単に抜けます。 ただ特徴の通り繁殖力が強く、発生する芽数が多くなりやすいので早めの処理を心がけます。 効率的な除草剤の使用法は秋に土壌処理剤を散布して、発芽率を抑えるようにすることです。

  ■コケ・イシクラゲ
イシクラゲ1 イシクラゲ2
特 徴 日陰、水はけ不良の生育条件がそろうと発生し、 根本的に環境が改善されない限り発生すると思われます。 つまり芝生の生育条件が悪い証拠でもあります。 藻は河川敷近くの公園で小さい海苔みたいなのを見たことがありますが どうやら正体はイシクラゲという藍藻類の仲間みたいです。
除草法 除草すると言うよりは出来るだけ環境を改善することが前提になると思います。 具体的には水はけを良くするように目土を入れ乾燥させるようにします。 除草剤としてはキレダーというコケ・藻類用の水和剤があるのでひどい場合は 使用するといいでしょう。


  前のページへ<<  【実践編】   1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6   >>次のページへ


HOME   |   芝生の知識   |   芝生の実践   |   管理人部屋   |     掲示板     |    リンク
ご意見・お問い合わせは mail@sibatuku.com
Copyright (C) 2005 芝生の庭づくり All Rights Reserved.