芝生の庭づくり−HOME 芝生の知識 芝生の実践 管理人部屋 掲示板 リンク
HOME   >   芝生の実践   >   芝生の張り方

1.土壌作り

そのまま下地の土を20〜30cm軽く耕すか、また新たに土を入れる場合は黒土やまさ土など水はけの良い土を用意します。 そうした土に元肥となる鶏糞・油かすなどの有機質肥料をよく混ぜ、後は軽く平らにならしておきます。 しかし時間や手間をあまりかけられない状況なら元肥はなくても、とりあえず下地さえ軽く耕しておけば大丈夫です。 後で肥料を散布すれば問題はありません。


2.芝張り
芝張り1 芝張り2

下地の準備ができたら芝生を張っていきます。ヒモや糸をまっすぐ張って目印にしながら右図のように 芝生を並べていくときれいに仕上がります。 張り方としては目地の隙間をあけずに並べるベタ張りと隙間を1〜2cmあけて並べる目地張りがあります。 そうして並べていくと最後に中途半端な隙間ができますが芝生を隙間に合わせて切って埋めてください。 他にも市松張りなど間隔をあける張り方もありますが仕上がりに時間がかかり実用的ではありません。


3.目  土
目土1 目土2

芝生を並べ終わったら目土をまきます。目土は通気性と水はけが良いものがいいので砂、 ボラ土の細かいものなど要するに粘土質じゃないさらさらした土ならOKです。 その目土を芝生の葉がちょっと見えるくらい覆う程度にまいて、板切れやスコップを使って目地を埋めて平らにならします。 秋や冬に張る場合は寒さや乾燥に負けないように目土を気持ち多めに入れてください。


4.鎮  圧

上から鎮圧して押さえることで芝生が土とよく密着するようにして、凸凹が出ないように最終調整します。 小型のローラーなどがあればいいのですがなかなかないと思いますので足で踏んだりスコップで 叩いたりして押さえつけてください。


5.水やり

後はたっぷりしみ込むぐらい水をやってください、これで完了です。 その後の天気で雨が定期的に続くようならそのままでかまいませんが晴れが続くようなら2〜3日おきにこまめに水をやってください。 要は芝生がしっかり根付くまで乾燥させないようにすればいいのです。


6.養  生 

その後はなるべく芝生に入らないようにします。 同時に雑草を抑えたい場合はシマジンなどの土壌処理剤を芝張り後2〜3週間たってから散布しておきます。 ただ夏(日中30℃前後の時期)は薬害が出やすいので気温が落ち着く秋まで散布を待ちましょう。 あとは乾燥にだけ注意すれば約2〜3ヶ月で仕上がります。 しかし芝張り時期が秋以降の場合は翌年の春〜初夏ぐらいまでかかります。



  前のページへ<<  【実践編】   1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6   >>次のページへ


HOME   |   芝生の知識   |   芝生の実践   |   管理人部屋   |     掲示板     |    リンク
ご意見・お問い合わせは mail@sibatuku.com
Copyright (C) 2005 芝生の庭づくり All Rights Reserved.