芝生の庭づくり−HOME 芝生の知識 芝生の実践 管理人部屋 掲示板 リンク
HOME   >   芝生の知識   >   芝生の種類

品 種 名

特  徴

画  像

  野 芝
  (ノシバ)

北海道南部から沖縄まで広く自生している日本芝と呼ばれる在来種の1つで、 高麗芝と同様にポピュラーに利用されています。 高麗芝よりも葉幅が広く、芝はやや粗い種類で土壌をあまり選ばず、比較的管理が容易です。 最近ではさまざまな改良種が開発されています。

  高麗芝
  (コウライシバ)

日本芝と呼ばれる日本在来の芝の一つです。東北以南の個人庭園や公園でもっともポピュラーに利用されている芝種です。 地上および地下ほふく茎を有し、芝質がきめ細かく、美しい芝生を造ります。また細葉高麗芝、中葉高麗芝などの芝葉の広さ の異なる品種もあります。野芝同様さまざまな改良種が開発されています。

  姫高麗芝
  (ヒメコウライシバ)

高麗芝よりさらにきめ細かく、繊細で美しい芝生を造ります。 個人庭園をメインにゴルフ場のグリーンとしもて利用されています。芝刈り・施肥・除草などきちんと管理すれば 個人で簡易グリーンとしてパッティングの練習もできます。ホームセンターなどでよく庭園用として売られています。

  ティフトン419
  Tifway
  (ティフウェイ)

バミューダグラスと言われる草種名でアメリカ原産です。生育期には暖地型芝生の中で最も繁殖力が強いのが特徴です。 また踏圧・擦り切れからの回復力が強い芝を造ることからサッカー場など各種競技場などでポピュラーに利用され、 ティフトン系芝生はウインターオーバーシードのベースの芝として向いている芝です。

  ティフトン328
  Tifgreen
  (ティフグリーン)

ティフトン419を改良した品種として葉が短いティフトン328があります。ティフトン328はティフトン系芝生の中でも成長の 最も早い品種で、踏圧からの回復力も強いですが、刈り込み回数が増えるデメリットがあります。

  ティフドワーフ
  Tifdwarf

ティフトン328から突然変異した品種で、ティフトン419やティフトン328に対してティフドワーフはきめが細かく、 濃緑色で草丈が低く育つので、刈り込み回数が少なくてすみます。ティフトン系芝生の中では比較的管理に手間がかからず 見た目もよいので個人庭園に向いていると言えます。

  セントオーガスチングラス
  Saint Augustine grass

原産地は西インド諸島で主に西南暖地で利用されている芝種です。芝類の中でも葉幅が最も広く、 芝としては見た目が荒く見えますが葉の広さにより雑草の侵入を抑えます。また繁殖性・耐陰性・耐塩性にすぐれ 緑葉期間が長い品種です。主に九州・沖縄地方での公園、海岸に近い地域などで利用され目的は多岐にわたります。



品 種 名

特  徴

主な種類

  ベントグラス類

ゴルフ場のグリーンで使用され、非常に繊細で美しい芝生を造ります。 寒さに強く刈り高も低くできますが乾燥に弱く管理に手間がかかります。

クリーピングベントグラス

  ブルーグラス類

最も一般的な西洋芝で世界で広く栽培されています。寒冷地などで公園、庭園などよく使用されています。 踏圧には強いのですが葉幅が広めで粗く、刈り高はやや高めに刈らなければなりません。

ケンタッキーブルーグラス

  フェスク類

西洋芝の中では環境適応力が高く、乾燥や日陰にも耐えます。そのため使用できる地域が広く、 用途も多岐にわたりますが葉はやや粗い感じがします。

ファインフェスク
トールフェスク

  ライグラス類

牧草として利用される品種で発芽率が良く成長も早いですが短命です。 オーバーシードとして利用した場合は植え付けて翌年の夏にはほとんど無くなってしまう為、毎年繰り返し種をまく必要があります。

イタリアンライグラス
ペレニアルライグラス



前のページへ<<  【知識編】   1  |  2  |  3  |  4   >>次のページへ


HOME   |   芝生の知識   |   芝生の実践   |   管理人部屋   |     掲示板     |    リンク
ご意見・お問い合わせは mail@sibatuku.com
Copyright (C) 2005 芝生の庭づくり All Rights Reserved.